交通事故通院のご相談
TEL. 0276-75-5120
営業時間 平日9:00 ~ PM21:00
土9:00 ~ 14:00

HOME > 交通事故に遭ったら先ずする事

交通事故発生から示談まで

photo 交通事故が発生してしまった瞬間から治療開始、症状改善、示談に至るまでの流れを時系列で紹介します。




交通事故発生現場での対応

怪我人の救護

過失割合や加害者、被害者関係なく軽症者が重症者を救護する必要があります。
怪我が明確な場合は躊躇せずに救急車を呼びましょう。

警察へ連絡

軽微な事故でも必ず警察へ連絡をしましょう。
警察への連絡を怠ると、自動車保険が適応されません
また、その場での示談は後々のトラブルに発展する確率が非常に高くなります。

記録を取る

警察が到着するまでの間必要事項を確認したり、記録を取っておきましょう。
【主な確認事項】
・加害者の情報(氏名、連絡先、車のナンバー等)
・加害者の保険情報(自賠責・任意保険の会社名、連絡先)
・目撃者がいる場合は、連絡先を聞いておくと後々もめた時に証言してもらえる事があります。

保険会社に連絡

ご自身と加害者側の保険会社に交通事故が発生したことを連絡しましょう。
加害者側が重傷でなければ、加害者自身に連絡をしてもらいましょう。


治療開始まで

病院へ行き検査を受ける

目立った外傷がない場合でも必ず病院で検査を受けておきましょう。
むち打ちなどは、翌日等に痛みが出ることも多く事故当初に怪我無ないと確定させ、物損事故(負傷者のいない事故)としてしまうと、後々面倒です。
また、診断書をもらう事を忘れないようにしましょう。

継続通院可能な整形外科、接骨院を探す

初めに行った病院に通院しても良いですが、より通いやすい立地や受付時間、また治療等の内容を比べ良いところが見つかればそちらに通院しましょう。
比較的接骨院(整骨院)が交通事故に対して時間をかけた治療をしてくれる傾向があるようです。

保険会社に連絡し通院開始

保険会社に通院したい整形外科、接骨院(整骨院)名前等を事前に連絡しておくとスムーズです。
また、一度行った院の対応や治療に満足が得られば転医することも可能です。

【館林市近郊で本沢整骨院への通院をご希望の方】
こちらにお問い合わせください
information


症状改善から示談まで

通院する

症状改善まで通院しましょう。
【注意点】
・始めのうちは可能な範囲で頻繁に通いましょう。
・1か月以上間隔が空いてしまうと保険を使っての通院が出来なくなることがありますので注意しましょう。
・受付時間等の問題で通院が困難な場合は、通いやすい院に転医を検討しましょう。

症状が改善したら

通院の結果症状が改善したら治療終了となります。
多くの整形外科や接骨院(整骨院)は治療終了の旨を保険会社に報告してくれますが、念のためあなたからも保険会社に報告してもらえると処理が早まります。
後日、慰謝料や治療にかかった費用等が明示された示談書が送られてきます。
内容に納得ができれば示談成立となり、後日慰謝料が振り込まれます。



むち打ち相談はコチラへ!

icon 電話番号0276-75-5120 
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る