交通事故通院のご相談
TEL. 0276-75-5120
営業時間 平日9:00 ~ PM21:00
土9:00 ~ 14:00

HOME > 損をしない保険の知識

知らなかったで損をしないように

photo 交通事故が発生すると車の修理費や治療費、慰謝料等大きなお金が動きます。
ちょっとした対応で、受け取れる補償が大きく違ってしまうこともあります。
ここでは、損をしないように必要な知識を提供します。



交通事故で現場で気を付けたいこと

1.必ず警察を入れる


軽微な事故でも必ず警察に連絡をしましょう。
警察に連絡をしないと最悪、保険が下りないことがあります。
また、その場で当事者同士で示談をした場合、被害者が損をしてしまうことが通常です。

2.人身事故扱いにしてもらう


軽症でも、体に少しでも痛みがあれば物損事故ではなく、人身事故として実況見分を行ってもらいましょう。
物損事故とはその名の通り、モノが壊れただけの事故ということですので、後の通院に支障が出ることがあります。


治療通院で注意したいこと

1.健康保険を使うメリット・デメリット

交通事故の治療は自賠責保険や任意保険から治療費をまかなう事が通常ですが、健康保険を使用することもできます。
健康保険を使うメリットは、治療費が安く収まる点です。
自賠責保険は120万円までと決まっていますので、この内訳として治療費を安く済ませれば慰謝料分として残される金額が大きくなるという点です。

しかし、注意したい点は治療費が安くなるということは十分な治療が受けられない可能性があるという点です。

以上を踏まえ、自身のほうが過失割合が高い場合などは健康保険を使うことも検討するといいでしょう。

2.通院しなければ損をする?

仕事が忙しくて中々通院出来ない・・
そんな方は、痛みが取れにくいばかりか金銭面でも損をしてしまいます。
あなたが受け取れる慰謝料は、病院や接骨院に通院したに数で計算されます。
忙しさを理由に通院しないと「エッ、これだけしかもらえないの!?」という事になりかねません。

通院しやすい院を見つけ、症状改善までしっかり通いましょう!

3.接骨院と整形外科の併用がベスト!?

交通事故の保険が使えるのは病院(整形外科)と接骨院(整骨院)です。
それぞれ、特徴が違いますがいい所どりをするのが賢い選択です。

接骨院(整骨院)は、遅くまで営業している院が多く通いやすい、時間をかけて丁寧に施術してくれるといったメリットが、
病院(整形外科)は、薬が処方できる、画像等の診断が行えるといったメリットがあります。

また、接骨院(整骨院)への通院をメインとする場合は、整形外科にも最低月2回程度は通って下さい。
これは、万が一後遺症が生じた際に後遺障害診断書を書けるのが医師のみとなるためです。


示談交渉で損をしない為に

治療を終了した時点、もしくは治療打ち切りとなった際から示談交渉が始まります。
一般的には、自賠責算定基準と呼ばれる通院日数に応じた計算式で出された数字が提示されます。

1.弁護士に相談する

保険の弁護士特約が使える場合は、この権利を行使することをおすすめします。
出来れば通院中から相談をすると良いでしょう。
弁護士特約が付いていない場合は、自腹で弁護士に相談する事になります。
示談額等に納得している場合はいいですが、不満な場合は相談を検討しましょう。
弁護士に支払う報酬以上に慰謝料が増額されるという事も多々あります。

2.公的機関を利用する

交通事故に関する相談は以下の公的機関も利用できます。

(財) 交通事故紛争処理センター
保険会社との示談交渉に関して、斡旋、調停 ・ 審査ができます。
保険会社の提示する示談金額に納得できない場合、弁護士が被害者と保険会社との間にはいり、公平な立場で判断をしてくれます。

日弁連交通事故相談センター
日本弁護士連合会が設立した財団法人。交通事故に詳しい専門の弁護士が示談、斡旋、審査業務を無料でおこなっています。

日本損害保険協会(そんぽ ADR センター)
損害保険に関する一般的な相談、自動車保険や自賠責保険の保険金額請求に関する相談などに対応しています。

本沢整骨院への通院はコチラ

icon 電話番号0276-75-5120 
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る