交通事故通院のご相談
TEL. 0276-75-5120
営業時間 平日9:00 ~ PM21:00
土9:00 ~ 14:00

HOME > 保険の仕組み

交通事故の保険の仕組み

交通事故保険 交通事故の保険は難解で初めて交通事故に遭われた方は、「分からない」というのが本音かと思います。
このページでは、交通事故の保険に関して知っておいてほしいことを解説します。





最低限知っておいてほしい事

「難しいことは分からない!」という方は最低限この項目だけ目を通して下さい。
Q&A方式でまとめていきます。

Q.交通事故の被害者です。主な補償の範囲は?

A.保険会社から以下の金銭が支払われます。
治療費
病院、接骨院等にかかった費用

慰謝料
精神的な苦痛に対する補償として、病院や接骨院に通院した日数で決まります。

休業補償
お仕事を休んだ際に生じた損失を補填します。主婦の方も対象となります。

交通費
医療機関等に通院するのに生じた交通費が支払われます。


Q.任意保険に加入していなかった場合は治療や補償を受けられますか?

A.自賠責保険で120万円まで補償されます。

Q.健康保険を使って治療を受けることは出来ますか?

A.はい、健康保険で治療を受けることもできます
ただし、健康保険と交通事故の保険では算定基準が違いますので、交通事故の保険で治療を受けたほうが手厚い治療を受けられる可能性があります。
※健康保険を使うメリットとデメリットは別途解説します。

Q.事故直後は痛くなく病院に行かず、物損事故となっています。治療に通うことは出来ますか?

A.はい、出来ます
保険会社に痛みが出てきたので病院に行きたいと伝え、早めに病院で診断を受けてください。
その後は、整形外科のリハビリや接骨院に通って下さい。
また、物損扱いとなっている事故状況を警察に行って人身事故扱いに変えてもらっておいたほうが後のトラブルが防げます。(実況見分のやり直し等が必要となります)

Q.保険会社から「症状固定」で治療打ち切りと言われました。これ以上治療を受けることは出来ませんか?

A.ケースバイケースで様々な要素が関与します。
対応としては、病院の先生に治療継続の必要性を認めてもらう、弁護士に相談する、残存している症状や改善状況・今後の見込みを理論的に保険会社に訴える。などがあります。



自賠責保険とは?

photo 自動車保険は「自賠責保険」「任意保険」の二重構造となっています。
そのうち「自賠責保険」は別名「強制保険」とも言われ車を持つすべての人が加入しています。
一般的に、車検更新時に自賠責保険契約も更新します。



自賠責保険の賠償範囲

自賠責保険は相手に怪我をさせていしまった際などの対人賠償事故を補償します。
相手や自分の車の修理代等、物への補償はありません。

自賠責での補償上限は以下となります。
死亡による損害 最高3000万円
後遺障害による損害 最高4000万円
傷害による損害
(怪我の場合)
最高120万円


自賠責保険の適応範囲

自賠責保険は正当な権利を有して車を運転している者に適応されます。
任意保険では適応の範囲を加入時に設定して、それに応じて保険料が変わりますが(例えば、30歳以上限定、家族限定等)自賠責保険ではその車を運転する者全員に権利が発生します。
「正当な」という部分に該当しないケースとして盗難車を運転していたなど特殊な場合を指します。

自賠責保険では、過失の割合に関わらず怪我をした人を被害者と言います。
ただし、自分の過失が100%の場合は自賠責保険は適応されません。

また、運転手に100%の過失がある場合でも、その車に同乗していた者は自賠責保険が適応となります。


自賠責保険の補償内容

自賠責保険では以下を補償します。


治療費 病院、接骨院での治療費、検査費等 治療にかかった必要かつ妥当な金額 
看護費 原則として12歳以下の子供に近親者等の付き添いや、医師が看護の必要性を認めた場合の、入院中の看護料や自宅看護料・通院看護料。 入院1日4,100円、自宅看護か通院1日2,050円。これ以上の収入減の立証で近親者19,000円、それ以外は地域の家政婦料金を限度に実額が支払われます。
諸雑費 入院中に要した雑費 原則として1日1,100円が支払われます。 
義肢等費用  義肢や義眼、眼鏡、補聴器、松葉杖などの費用 必要かつ妥当な実費、眼鏡は50,000円が上限 
診断書 病院や接骨院での診断書、診療報酬発行料金  発行に要した実費 
文書料 交通事故証明書、印鑑証明書、住民票などの発行手数料  発行に要した実費 
休業損害  事故で発生した収入減少の補償
(家事従事者を含む)
 原則として1日5,700円。これ以上の収入減の立証で19,000円を限度として、その実額が支払われます。
慰謝料 交通事故による精神的・肉体的苦痛に対する補償。  治療期間×4,200円もしくは、8,400円×通院日数のいずれか安いほう 


自賠責保険の請求方法

自賠責保険の請求方法は「加害者請求」と「被害者請求」があります。

加害者請求

相手が任意保険に入っている場合は、多くの場合で加害者請求が選択されます。
加害者請求のメリットは自賠責への請求事務業務を加害者(その保険会社)が行ってくれますので、手続きが比較的簡単です。
しかし、相手保険会社が介入することで早期の治療打ち切りや手続きの遅れ等が発生することがあります。

適切な表現ではないかもしれませんが、凄く簡単に言うと、「楽だけど少し損をするかも知れない請求」といったところでしょうか!?

被害者請求

被害者請求とはあなた(被害者)自身が自ら自賠責保険会社に請求をする方法です。
必要な書類が大量にあり難解である、治療費を一度立て替えて支払わなければならないなど面倒がある一方、相手保険会社に干渉されることなく症状改善まで治療に専念できるといったメリットがあります。

請求方法が煩雑なため弁護士や行政書士に手続きを依頼する方法もあります。



交通事故治療相談はコチラへ!

icon 電話番号0276-75-5120
本沢整骨院
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る